畑のありんこ(552)

カテゴリー: ■いきものばんざい

ライムライムがそろそろ収穫できるかな、という時期になってきました。
料理やお酒に使うつもりです。
ライムのほとんどはメキシコからの輸入ですので、国産ライムは希少価値が(笑)。やった。しかも地産地消。

昨年、鉢から畑に移したのですが、地植えにした分、多少乾燥しても大丈夫でした。
続きを読む

いきものばんざい(31)

カテゴリー: ■いきものばんざい

コメツキムシ【背面ジャンパー ~コメツキムシ~】鞘翅目コメツキムシ科

色は地味ですが、仰向けにしてやると、パチンといってはね上がる性質があり、子どものとき遊んだ人もいるでしょう。結構高くまではね上がります。音も大きい。何度もひっくり返すと疲れるのかあきらめるのか(笑)、少し休憩をとります(おそらく)。バッタやノミなど、はねる虫はたくさんいますが、背面ではねる虫はなかなかいません。ひっくり返ると起き上がれないものも多い甲虫の仲間の中では異色の存在です。種類も多く、大型で目立つ種以外はなかなか見分けが難しい昆虫です。昔はミノムシに色紙の紙片や毛糸でミノを作らせたり、カミキリムシにいろいろなものを噛み切らせたり、カブトムシが重たいものをどこまで引っ張れるか試したりと、けっこう虫で遊んでましたが、今の子どもたちは…どうなんでしょう。

コメツキムシ背面

いきものばんざい(30)

カテゴリー: ■いきものばんざい

オオスカシバ【ハチドリではありません ~オオスカシバ~】鱗翅目スズメガ科

うぐいす色の太い体、長い口吻(こうふん)、ホバリングしながら蜜(みつ)を吸う…しかも腹部の先端の左右についている、鳥の尾羽に見える黒い毛の束。日本で「ハチドリを見た!」という人のほとんどがこのガを見間違えていると思われます(ハチドリはアメリカにのみ生息)。スカシバは「透かし羽」。羽は透明です。日本で一番美しい昆虫だといわれることもあるこのガは、飛ぶ姿も非常に優雅(ゆうが)です。見ていると、確かにハチドリに見えなくもありません。高速で飛ぶ一方、ホバリングもできるガはそうそういません。目もかわいいんですよ。

いきものばんざい(29)

カテゴリー: ■いきものばんざい

アヒル【アヒルとガチョウって何が違う?】どちらもカモ目カモ科

 アヒルはマガモを人間が飼いならしたもので、ガチョウはガンを家畜化したもの。遠い親戚という感じです。いずれも飛ぶ力はほとんどなくなっています。くちばしの形と首のカーブが見分けるポイントです。といってもどっちもあまり見ないか。アヒルは卵や肉が食用となっていますが、現在カモ肉として出回っているものはほとんどがアヒルのものです。一方、ガチョウはフォアグラやダウンジャケットなどで有名ですね。いずれにしても人間に身近な利用をされている動物はかなりの種類いるもので、夏休みの宿題で調べてみてはどうでしょうかね。

いきものばんざい(28)

カテゴリー: ■いきものばんざい

カタバミ【種子散布作戦 ~カタバミ~】カタバミ目カタバミ科

 植物にとってどうやって種子を広い範囲に散らせるか、というのは種の存続の大問題です。鳥やけものに運んでもらう、風にのって飛んでいく…さまざまな作戦がありますが、自力で種を遠くへ発射する、というのが最初でしょうか。カタバミは、熟した果実をさわると、はじけて種子を遠くへはじきとばします。1mくらいは飛びます。見つけたらぜひさわってみてください。種子にはエライオソームというアリの好む物質がついていることもあり、アリが運んでくれることも計算に入れているようです。さらに葉っぱは朝に開き、夜にはとじてしまいます。夜ふかしなし。健康的です(笑)。

いきものばんざい(27)

カテゴリー: ■いきものばんざい

ハリガネムシ【宿主を操る蟲 ~ハリガネムシ~】(類線形動物門線形虫綱)

寄生虫としてよく知られている動物です。表面がクチクラでおおわれているため、乾燥すると本当に針金のようにカチカチになります。彼らがすごいのは、宿主を操ること。水の中で産まれたまだ数㎜のハリガネムシの幼体はカゲロウやボウフラなど(仮宿主)に食べられるのを待ちます。そして自分を食べたカゲロウたちがカマキリやコオロギ、カマドウマ(宿主)に食べられると、その体内で大きく育ち、30㎝ほどにまで成長します。そのあと何と! 水の中へもどるために宿主を操り、水辺へ向かわせるのです。操られたカマキリの脳からタンパク質が見つかっており、これが影響を与えているらしい…どうやってこんな能力、獲得したんですかね。

いきものばんざい(26)

カテゴリー: ■いきものばんざい

サラセニア【虫がサプリ代わり ~サラセニア~】ウツボカズラ目サラセニア科

よく知られている食虫植物です。もちろん、自前で光合成もしますが、土の中の栄養素が不足しがちな湿地に生えることが多く、栄養分を補うために昆虫などをとらえて養分を吸収してしまうという特徴を持っています。葉が筒状の袋のようになっており、そこに落ちた昆虫は中の消化液や細菌によって分解されます。あーこわ。帰り道にこんなのが道で口を開いとったらヤバイですね。つくづく人間に生まれてよかった。他によく知られている食虫植物に、ハエトリソウ、ウツボカズラやモウセンゴケがあります。どれも変わった捕虫のしかたをする、興味深い進化をしています。

いきものばんざい(25)

カテゴリー: ■いきものばんざい

ケラ【水陸地中全対応型昆虫 ~ケラ~】バッタ目ケラ科

バッタ目の中の、コオロギグループの仲間です。地中の生活に特化していて、特に前足が土を掘るために適した形になっています。力も結構強い。てのひらに入れておくと、何とか指のすき間を両前足でこじあけようとするその力の入り具合が楽しい虫です。一応、空も飛べます。しかも泳げます。その「ジー…」という鳴き声は、昔はミミズの声だと考えられていました。さて、ケラの前足の形は全く異なる種である哺乳類のモグラの前足とよく似ています。これは、同じような環境に置かれたときに似たような形に進化するというもので、「収斂進化」といいます。魚類のサメと哺乳類のイルカの姿が似ているのもその好例です。

いきものばんざい(24)

カテゴリー: ■いきものばんざい

ウチワサボテン【武装してツインカム ~サボテン~】(ナデシコ目サボテン科)

サボテンは面白い植物です。まず形が面白い。葉が針状になっていて動物に食べられるのを防ぐとともに、砂漠の日差しや砂(すな)嵐(あらし)よけにもなっています。ただ、針状の葉では光合成の効率が悪いので、茎を太く丸くしてそこに葉緑体を持つ。ついでに水分もそこに蓄(たくわ)える。また、昼に気孔を開けると水分を余計にとられるため、夜に気孔を開けて二酸化炭素をとりこみ、光合成は昼に行うというしくみ(CAM型光合成)を獲(かく)得しています。さまざまな手を使って過(か)酷(こく)な環境に適応してきたのですね。樹液を石(せっ)鹸(けん)として使ったり(シャボンの語源)、食べたり(ドラゴンフルーツもサボテンの仲間です)と多彩な面も持っています。

いきものばんざい(23)

カテゴリー: ■いきものばんざい

スイレン【水に浮かぶ戦略 ~スイレン~】(スイレン目スイレン科)

池の底から茎をのばして、水面に葉を浮かべるところがハスによく似ていますが、進化の系統が異なることがわかってきました。スイレンの葉にはハスの葉のように水をはじくはたらき(ロータス効果といいます。葉の上で水玉がころころ転がります)はなく、レンコンもできません(笑)。普通の植物では、光合成や呼吸、蒸散で使う気孔は葉の裏側に多いのですが、スイレンは葉が水に浮かんでいるため、気孔が表側にある、という変わり者でもあります。また、茎が葉を支えなくてもよいので、成長や開花にエネルギーを回せると考えられています。ハスの方は…葉が水面から飛び出しています。雰囲気は似ているけれどもよく見ると違う。よく観察すると生き物のいろいろな生存戦略が見えてきます。