それでもIwill be…(156)

カテゴリー: ■それでもI will be…

これを書いている日の早朝、地震で目が覚めました。
思わず飛び起きましたが、今年はとくに気になりますね。
さて、地震の際、注意してみているのがペットたちの様子です。
いま、うちにはデグーというアンデスに住むネズミがいるのですが、地震に対してなにか異常行動が見られるのではないだろうか、というわけです。

続きを読む

畑のありんこ(217)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

2011112015420000.jpg我が家がセリガールズとひそかに呼んでいる女の子達がいる。
毎年家の近くのJAで秋祭りがあるのですが、そこで作物の品評会があるのです。
さぞかし丹精込めたのだろうと思う数々の立派な作物が展示され、それらが夕刻、競りにかけられるのです。
私も毎年ちょっと楽しみにしているイベントです。
50円単位で競るのですが、まあこれが面白い。
うまくいくと、比較的安値で大きな野菜が手に入ります。

続きを読む

チャンネルアイル105号

カテゴリー: ■チャンネルアイル

■受験生が「いま」しなければならないこと
広島地区の中学入試まで2ヶ月を切っています。
受験生の皆さんは、日々学習にいそしんでいることでしょう。
また、模擬試験などのテストに加え、過去問演習の時間が増え、「点数」「結果」を意識せざるをえない時期でもあります。
ただ、こうした点数や結果に一喜一憂することは避けなければなりません。

続きを読む

それでもIwill be…(155)

カテゴリー: ■それでもI will be…

先月亡くなったアップルのスティーブ・ジョブズの伝記『Steve Jobs』(ウォルター・アイザックソン)を読んでいます。
「うわー」「すげー」とか思わず声が上がる本というのは久々です。
日本の訳書だと上下巻それぞれ1995円(あわせて4000円弱!)もするので、ケチってkindle版(こちらはたった11.9ドル、1000円弱です)で…(笑)
1週間ほどかけて、半分くらい読んだところでしょうか。

続きを読む

畑のありんこ216回

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

2011112114270000.jpgだいぶダイコンも大きくなってきた。
日当たりがさほどでもないので、畑を借りていたころより小ぶりのものしかできないが、まあしかたない。
以前は売りに出せるようなものすごくぶっといのが出来てたんですけどね。千枚漬けもしたりしてた。
今はこぢんまり生産してます。
でもやっぱり取りたてはみずみずしさが違いますね。おいしい。
めっきり肌寒くなってきて虫の姿も見かけなくなってきました。

続きを読む

それでもIwill be…(154)

カテゴリー: ■それでもI will be…

11月に入ってもあまり寒くならないね。
先週の天気予報で久しぶりに「西高東低」の気圧配置という言葉を聞きました。
この「西高東低」という言葉は、冬の天気を表す象徴的な言葉なんだけど、6年生のみんなはもう意味が分かっているよね?
言葉どおり、西に高気圧が、東に低気圧があるっていうことなんだけど、どうしてこれが寒くなる気圧配置なんだろう?

続きを読む

畑のありんこ(215)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

2011111015330001.jpg咲いた。
何日か前から蕾をつけていたので、咲くかな? と思っていたのですが、やっぱり咲くとうれしいものです。
変わり朝顔同様、この繊細な花弁、乱暴にいうとごちゃごちゃぶりが好きなのです(笑)。
これ、苗を見つけたので植えておいたイセナデシコです。
ついにあった…という感じでした。

続きを読む

チャンネルアイル104回

カテゴリー: ■チャンネルアイル

■冬期講習のご案内
2011年度の冬期講習生の募集を開始しました。
対象は小学校1年生~5年生(6年生は内部生のみの参加です)で、12/23からスタートします。
また、通常の講習に加えて、「これから塾に通ってみたい」、「中学受験の学習に触れてみたい」という3年生、4年生の方を対象に、「3年生オープンスクール(無料)」「4年生中学入試スタート講座」という特別講座を用意しております。
入試学習スタートのきっかけにご利用ください。
■冬期講習・新年度説明会のご案内
以下の予定で、冬期講習・新年度説明会を開催します。

続きを読む

それでもIwill be…(153)

カテゴリー: ■それでもI will be…

佐佐木幸綱に、
・おぼえなきアンモナイトが本棚の奥より出て来 本は海原
という歌がある。
本棚を整理していたのかどうか分からないが、すっかりその存在を忘れていたアンモナイトの化石が本棚の奥から出てきた。
まるで、本の海をアンモナイトが悠々と泳いでいたかのように…。
なんて歌だろう。

続きを読む