気になるニュース158回「偉大なる足跡」

カテゴリー: ■気になるニュース

【問】

かつて、南アフリカ共和国で実施されていた「人種隔離政策」をカタカナで何といいますか。

【答】

アパルトヘイト

アパルトヘイトとは、白人と非白人を法律によって区別し、生活や経済、政治などにおいて差別化する政策のことです。
この政策の下、南アフリカ共和国では人種によって居住地や職業、列車やバス、公共施設の利用、異人種間の結婚の禁止など、さまざまな差別がありました。
アパルトヘイトに対して敢然と立ち向かい、南アフリカ共和国で初めての黒人の大統領に選出された人物が、ネルソン・マンデラ氏です。

マンデラ氏は若い頃から「反アパルトヘイト運動」を行っていたため、1964年には「国家反逆罪」で終身刑の判決を受け、その後27年もの間、刑務所に収監されていました。
しかし、マンデラ氏は1990年の釈放後も「反アパルトヘイト運動」を続け、1993年には当時のデクラーク南アフリカ大統領とともにノーベル平和賞を受賞しています。
そして1994年、南アフリカの全人種参加の選挙において、第8代南アフリカ共和国大統領として選出されました。

それから19年経った今年の12月5日、マンデラ氏はヨハネスブルグの自宅で息を引き取りました。
マンデラ氏の死について、デクラーク元大統領は
「マンデラ氏は、南アフリカ共和国で憲法に基づく民主主義の確立や、国民和解に比類なき貢献を果たした。マンデラ氏が示した模範は今後も生き続ける。」
と述べて、マンデラ氏の功績に敬意を表したそうです。

世界では今なお、国家や民族間の対立が後を絶ちません。
しかし、マンデラ氏が残した偉大なる足跡、「あきらめずに対話を続ければ、人は分かり合えるはずだ」という事実を、私たちは真摯に受け止める必要があると思います。

(皆実教室M)

それでもI will be…(257)

カテゴリー: ■それでもI will be…

正多面体というものをご存知でしょうか。
正三角形や正方形のように、辺の長さがすべて等しい面を組み合わせてできる立体の総称で、全部で5種類あります。どんなものがあるか、お分かりですか?

いちばん身近なものは…そう。さいころですね。立方体、またの名を正六面体といいます。
正四面体なんてものもあります。実はこれ、むか~し昔の牛乳パックがこのような形をしていたのをご存知でしょうか(テトラパックといいます)。私はぎりぎり記憶の片隅に残っています。今では配送の際に多くの数をきっちり積むことができないという理由でなくなってしまいました。(確かにこの形では難しそうですね)

他にはあと、正八面体・正十二面体・正二十面体があります。作った形はこちら。

正多面体

(ウィキペディアで「正多面体」と検索してみると、出来上がった立体がわかりやすく観察できます。)
正多面体の展開図もインターネットで検索してみることができます。さあダウンロードして作ってみよう!というのもいいのですが…。それでは少し味気なくありませんか?
おすすめは、展開図を参考にしながら画用紙や工作用紙に書き、分度器やものさしを使いながら自分で作ってみることです。画用紙や工作用紙は100円ショップにも売っていますので、ぜひやってみてください。(ちなみに、正三角形の1つの角度は60度。同じように正方形は90度、正五角形は108度です。)

 私が子どもの頃は、インターネットやコピーなど、身のまわりにありませんでしたから、いかに正確に作れるか、試行錯誤しながら奮闘したものです。この作業を経ることで、長さの感覚や、角度の開きの感覚を身につけることができると思っています。(私は夏休みの自由研究で持っていったこともあります。)

 算数の図形単元は、こうした活動を切り口として楽しく学んでいきたいですね。

(五日市教室H)

それでもI will be…(256)

カテゴリー: ■それでもI will be…

交歓会⑥ 五日市教室で今年度最後となる6回目の読書交歓会が開催されました。
今回は己斐教室でのイベントと重なったこともあり、4年生男子2人と5年生男子2人の参加となりました。
 その内1人はなんと皆勤賞です。
 どんなことでも継続は力なり。
 毎日本を読み、時にその内容を人にわかるように説明するというのはその子にとって大きな財産になったはずです。
 
  続きを読む

畑のありんこ(319)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

2013121612290000自家製甘酒を使っています。
「飲む点滴」といわれるほど栄養豊富で、風邪の予防や夏バテ防止の栄養剤として古来愛飲されてきたものです。
古いものは古事記に記録が見えるそうです。
うちではシークヮーサーをしぼってお湯割りにしたり、煮物に加えて味付けに使ったりしています。

ご飯と麹で作るわけですが、この麹が奥が深い。
まさに日本の食文化を支える微生物なのです。

続きを読む

それでもI will be…(255)

カテゴリー: ■それでもI will be…

自販機先週くらいから、教室の自動販売機にもあたたかい飲み物が入りました。
今年は本当に秋がなかったように感じます。
スーツの上着が暑いなあ、とつい最近まで思っていたはずなのに、あたたかい飲み物が入ったときにはほっとしました。
 
今ではスーツの上着はもちろん、シャツの下にはヒートテックインナーがかかせません。
そこまでしていたのに、疲れもあったのか、それとも寒さに負けたのか、インフルエンザの予防接種をうった途端に風邪気味になる始末。
続きを読む