いきものばんんざい(39)

カテゴリー: ■いきものばんざい

ウミシダ【植物っぽいけど ~ウミシダ~】棘皮動物門ウミシダ目

イソギンチャクやウミシダの仲間が海の中でゆらゆらゆれているのを見ると、風にそよぐ植物のように思えますね。羽のような枝を四方に広げているところも植物のようです。が、彼らはれっきとした動物の仲間で、海底やサンゴに固着して生活していますが、枝を使ってはうこともありますし、ゆらゆらと腕をふって遊泳することもあります。化石として有名なウミユリの仲間になりますが、ウミユリは現在は深海のみで見られ、広く見られるのはこれらウミシダです。ウミユリは茎にあたる部分がありますが、ウミシダにはありません。これはウミシダが遊泳生活を選択したからだという説があります。

いきものばんざい(38)

カテゴリー: ■いきものばんざい

ジョウビタキ【縄張り意識の強いおじいさん ~ジョウビタキ~】スズメ目ヒタキ科

 冬鳥として日本に飛来します。冬鳥は、秋から冬に日本に飛来し、春にはシベリアにわたっていくものが多く、カモやハクチョウが有名ですが、身近にもけっこう見られます。中でもジョウビタキは、腹がオレンジ色、頭は銀白色、羽に鮮やかな白い斑点があるので、見分けやすい小鳥のひとつです。「カッカッ」という何かをたたいているような鳴き声で地鳴きをしますが、知らないと鳥の声と思わないかもしれません。この声が、火をつける時に火打石をたたく音にたとえられ「ヒタキ」と呼ばれるようになったと言われています。「ジョウ」は「尉」、おじいさんのことです。頭が白っぽいからですね。

畑のありんこ(567)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

ポンカンポンカンです。
鉢植えはやはり地力が弱いのか、あまり大きな実になりませんが、毎年いくつか楽しませてもらっています。
今年は葉っぱを盛大に虫に食われ、その分光合成が足りないだろうなあ…と思っていましたが、まずまず甘くておいしかったです。

ポン酢はオランダ語のpons(柑橘の果汁をしぼったカクテル→柑橘果汁そのものを指すように)から、ポンジュースは「日本」の「本」から、とは聞いたことがありましたが、ポンカンは、はて? 
と思って調べてみました。

続きを読む