畑のありんこ(730)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

キュウリ急に気温が高くなってきました。ここのところ例年のことですが。
畑仕事をしていても、すぐ汗が出る。蚊も出る。蚊取り線香は必需品です。
子どものころには、蚊取り線香の材料として「除虫菊」を習ったなあ。
日本の輸出品となっていた時代もあるらしいですが、今は化学成分が主流ですかね。
個人的には蚊取り線香の方が安全…な気がする。材料がわかりますしね。
この香りをかぐと、夏だなあ…と思います。

続きを読む

いきものばんざい(114)

カテゴリー: ■いきものばんざい

コーヒー【植物は薬剤の宝庫 ~コーヒーノキ~】リンドウ目アカネ科
 コーヒーノキの実をひいて粉をつくり、それをお湯で濾した飲料がコーヒーです。日本では沖縄や小笠原諸島などでわずかに生産されています。コーヒーの成分、カフェインは眠気ざましの効果で知られていますが、昔から人々は経験から学び、薬として植物を用いてきました。のど飴に入っているショウガやカリンもその例のひとつです。菌類ではありますが、抗生物質のペニシリンがアオカビから見つかったことはよく知られているとおりです。今はトウモロコシやジャガイモなどを使って植物に薬を生産させる方法の研究も行われているんですよ。植物が果たしている役割はとても大きいのです。

畑のありんこ(729)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

いちごイチゴが熟れてきて、庭にいい色のアクセントができています。
以前はプランタや地面で結構な数を栽培していましたが、今はそのころの子株が庭の隅のほうで、毎年位置を変えながらこんなふうに野良生えしている状態です(笑)。

日本のイチゴはほぼオランダイチゴのことです。
鎖国の時代、江戸幕府に交易を許されていたヨーロッパの国はオランダのみでしたから、オランダを通じてさまざまなものや言葉が日本に入ってきています。
続きを読む

教室コラム(皆実教室)

カテゴリー: 教室コラム

FB写真5月16日チューリップを片付け,球根を掘り起こしました。
保管して,また今年の秋に植えつけます。
入れ替わりで昨年花を咲かせたあとにとっておいたミニヒマワリの種をまきました。
スカスカな種が多い中,中身が入っていそうなのをとっておいたのですが,
果たして芽が出るかどうか…不安でもあり,楽しみでもあります。

(皆実N)