教室コラム(皆実教室)

カテゴリー: 教室コラム

FB写真1月24日年末年始に猫さんを連れて祖父母宅へ帰省しました。
初めての場所だったので、着いて早々に隅の方へ行き、ふて寝していました…。
今年の年末はお留守番かな…と思っております。

(皆実教室S)

教室コラム(五日市教室)

カテゴリー: 教室コラム

facebook (1月20日)今年もオンライン入試応援などで大活躍の、A先生特製神社です。
昨年に引き続き、今年も当日の応援には行けませんが、それこそ比喩抜きに君たちの合格を祈っています。
全力で立ち向かってください!

(五日市教室T)

畑のありんこ(713)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

花(スイセン)前回、菜の花の「菜」について書きましたので、今回は「花」について。

「はな」についてはさまざまな語源説がありますが、個人的には先端のことを「はな」って言うから、というのがわかりやすいと思います。
顔の飛び出ているのが「鼻」。岬の名前にも「~鼻」ってついているところが各地にあります。
ものごとの先端、始まりが「端(はな)」。「出ばなをくじかれる」とか「寝入りばなをおそわれる」とか。「はなから相手にしてもらえない」とも言いますね。
植物の先端についているから「花」。わかりやすい。

続きを読む

教室コラム(皆実教室)

カテゴリー: 教室コラム

FB写真1月17日先週の金曜日の朝の様子です。
こんなに積もったので、広島市内もさぞ大変だろうと思いながら出かけると、雪が積もった形跡はありませんでした。
「うちはどんだけ田舎や!」とちょっとショックでした。
受験シーズンの真っ最中ですが、入試当日はこんなに降ってほしくないですね。
(皆実教室T)

いきものばんざい(106)

カテゴリー: ■いきものばんざい

トノサマガエル【関東には殿様はいない ~トノサマガエル~】カエル目アカガエル科
 私が子どものころにカエルといえば、トノサマガエルを筆頭に、アマガエル、そしてイボガエル(ツチガエル)でした。まだ小川とか水田があちこちにありましたので、すぐそばに住んでいる、という感覚の生きものでした。最近は生息地が減ってしまって、あまり見かけなくなってしまいました。殿様のように背を伸ばして座っている堂々とした姿から名づけられたという説があります。ところで、関東地方でトノサマガエルとよばれているのは、ダルマガエルというカエルです。トノサマガエルは関東地方には生息していません。