2018学び方講座第5回「マインドマップ中級講座」in 広島女学院

カテゴリー: ■イベントギャラリー

広島女学院中学・高等学校の大講義室をお借りして、「マインドマップ中級講座」を開催しました。
講師に公認マインドマップ・インストラクター(比治山大学子ども発達教育学科教授)である鹿江宏明先生をお迎えし、初級講座からさらに奥深いマインドマップの具体的な作成法を学びました。
子どもたちだけでなく、大人の方がワールド・カフェ形式で和気あいあいと大きなマインドマップを作成していく様子がとても印象的でした。

2018「なぎビカリアミュージアム」化石発掘体験

カテゴリー: ■イベントギャラリー

よく晴れた6月3日の日曜日、岡山県の山中はなぎビカリアミュージアムを訪問。
化石発掘を行いました。
1600万年前の地層から、ビカリアだけでなく各種貝や植物、カニのツメなど珍しい化石(本当に珍しいものもありました)なども掘り出し、子どもたちの歓声が響き渡りました。

2018歴史探索 in 宮島

カテゴリー: ■イベントギャラリー

4月22日、6年生を対象とした社会科フィールドワーク「歴史探索 in 宮島」を開催しました。
今年度の優勝は、五日市有川チーム(五日市、強いですね)でした。
おめでとうございます。

2018春期「表現力を磨く読書会」

カテゴリー: ■イベントギャラリー

春休み期間中を利用して、各教室で読書会を開催しました。
今回は、「表現力を磨く読書会」と題して、持ち寄った本を要約したり紹介文を書いたり、さらにはPOP広告を作成したりと、とても充実した会となりました。
その様子とPOP広告の中から数枚をご紹介します。(後日、感想文を提出してくれた子もいました。ありがとうございます!)

教育フォーラム2018「これからの時代を生き抜く力:変わる大学受験と中学入試」

カテゴリー: ■イベントギャラリー

アイル教育フォーラム2018「これからの時代を生き抜く力:変わる大学受験と中学入試」を修道中学校・修道高等学校十竹ホールをお借りして開催しました。
同中学教頭 藏下一成先生に弊社代表佐藤聖二がお話をうかがう形で進めさせていただきましたが、テーマを越えて、私学や修道の魅力の詰まった有意義な内容となりました。ご協力いただきました修道中学校・修道高等学校ならびに藏下先生、ご参加の皆様には、今一度心よりお礼申し上げます。

6年生卒塾記念スポーツ大会(2018)

カテゴリー: ■イベントギャラリー

3月22日(木)に、グリーンアリーナにて開催した卒塾記念スポーツ大会の様子です。
優勝は、三年連続で己斐教室でした。
また、何かの機会で会えるといいですね! 
皆さんのこれからの成功を心からお祈りしています。

学び方講座第2回「親子で学ぶマインドマップ(初級講座)」

カテゴリー: ■イベントギャラリー, 未分類

公認マインドマップ・インストラクターである鹿江宏明先生をお招きして、学び方講座第2回「親子で学ぶマインドマップ(初級)~ 思考の見える化により、脳の可能性を引き出す方法」を開催しました。

参加者の方からは、
・楽しい内容であっというまでした!
・新しい発見をすることができた
・物事を整理して考えるということを具体的にできた
・思考を可視化するのが楽しかった
・集中してあっという間に時間がすぎた
・脳の仕組みがわかった
・とても楽しく勉強や職場でも役に立ちそう
・応用編も楽しみにしています
などのご感想をいただきました。

石見銀山「坑道探検と歴史散策」2017

カテゴリー: ■イベントギャラリー

貸切バスで石見銀山へ行ってきました。
厳島神社や原爆ドームに続いて近場の世界遺産ですが、案外行ったことのない人も多いのではないでしょうか。
このたびは専門のガイドさんの案内で龍源寺間歩を探検したり、丁銀ストラップを作ったりと、あいにくの雨天のなかでしたが充実した一日になりました。

理科実験教室「-196℃の世界」in なぎさ中学校

カテゴリー: ■イベントギャラリー

なぎさ中学高等学校の理科室をお借りして開催した理科実験教室「-196℃の世界」の様子です。
液体窒素を使っての実験に、子ども達もわくわくドキドキ。
凍らせたマシュマロをおそるおそる、それでも美味しそうに頬張る様子が印象的でした。

宮崎青島海岸:ウミガメと出会う夏

カテゴリー: ■イベントギャラリー

1泊2日バスツアー「宮崎青島海岸:ウミガメと出会う夏」の思い出です。
宮崎大学農学部獣医学科獣医解剖学教授、保田昌宏先生の特別なご案内で、貴重なウミガメの産卵に立ち会うことができました!

□まずは1日目、出発から宮崎大学を訪問したときの様子です。

□夜、いよいよウミガメに会いにいきました。

□翌朝、南国の海を散策しました。

参加いただいた皆さん、ご協力いただいた多くの方々、本当にありがとうございました。