いきものばんざい(3)

カテゴリー: いきものばんざい, 未分類

ミスジチョウ【チョウ界のグライダー ~ミスジチョウ~】(鱗翅目タテハチョウ科)
 大型、中型のチョウのはばたきはかなり大きなもので、ゆらゆら飛ぶことが多いのですが、ミスジチョウの仲間は羽を広げたまま羽ばたかずに滑空します。一直線に飛ぶこともあり、その優雅な様子は見ていてかっこいいなあ、とほれぼれします。
 「三筋蝶」の名のとおり、三本の筋が羽に入ります。画像はホシミスジ。第一列の筋が斑点状になっていることから区別できます。コデマリやユキヤナギが植えてあると、よくやってきますので、住宅街でも見かけることの多いチョウです。飛び方に注目して探してみてください。

※本記事は7月1日にUP予定のもので、掲載が遅れておりました。

畑のありんこ(407)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ, 未分類

①変化朝顔広島植物公園で変化朝顔展をやっていたので、見に行ってきました。
終了2日前でした。
花弁が裂けて糸状になっているものが昔から好きなのですが、それ以外にもたくさんの品種が展示されていました。
いいものを見させてもらいました。今回、写真を2葉のせます。

②変化朝顔

江戸時代、11代将軍家斉の頃。文化文政、いわゆる化政文化の時代に変化朝顔のブームがきたそうで、多くの品種が生み出されていったそうだ。
続きを読む

何たって理科 (その5)

カテゴリー: 未分類

 rika1025大型の台風18,19号が続いて日本に上陸したことでテレビや新聞に多くとりあげられました。
台風が去ってからすっかり秋らしい天気となり,朝晩と日中の気温差が大きくなりました。
すごしやすい反面体調管理が難しい季節となっています。じつは、植物もこの寒暖の差を感じて冬への準備に入っています。11月になると山もすっかり色づいて紅葉の季節ですね。

  続きを読む

畑のありんこ(358)

カテゴリー: 未分類

シークヮーサー(90度右)庭の片隅にシークヮーサーの木を1本植えています。
木はあまり大きくならないのですが、実は多産で、毎年楽しませてもらっています。
鍋をするときにぽん酢を作ったり、泡盛やカクテルに入れたりしています。

実を食べるよりも、その果汁などを利用する柑橘類を「香酸柑橘」と呼びます。
ユズやカボス、レモンなどもその仲間です。
続きを読む

畑のありんこ(352)

カテゴリー: 未分類

スイカスイカを久しぶりに栽培したのですが、ほとんどが長雨とサルにやられました。
生き残ったのはただ1つ。
10日くらい早いのですが、最後の1個までサルに食わせるのは癪なので、収穫しました。
で…やはり真ん中へんだけ甘かったらしい(笑)。
娘の感想は、「中に行儀よく種が並んどる」。
確かに若干種の並びが整然としている気も。

スイカ2

縞々模様のスイカが中心になったのは昭和初期だそうです。意外でした。
スイカの原産地はアフリカの乾燥地帯です。
原種にはほとんど甘みはなく、水分がほとんどだそうで、それを目当てに動物が食べ、同時に種が運ばれ糞とともに散布される、というしくみです。

しかしサルは水分じゃなくて甘みを目的にしている気がする(怒)。
人間は種すら、ぷっぷっと出しますのでスイカにとってみれば困った動物ですね。
もっとも地面に出せば目的は達成されたことになりますが。

そういえば先日玄関にスイカの種が散らばっていたので娘に訊いてみたら、案の定、妻とスイカの種飛ばし競争をやったあとだった(笑)。
なつかしいなあ、昔よくやった。

(五日市教室A)

チャンネルアイル145号

カテゴリー: ■チャンネルアイル, 未分類

■この夏、中学受験学習をスタートする方へ

アイルではこの夏休み期間を利用して、これから中学受験学習を始めようという方へ向けた専用講座を設置いたします。
特に4、5年生につきましては、アイル本科クラスで前期に履修した内容のダイジェスト版として、中学受験学習の基礎を固める講座としています。
本科クラスへの中途入塾にご不安をお持ちの方でも、無理なく基礎からスタートすることが可能です。

【4年生夏期講習】
続きを読む

それでもI will be…(229) 

カテゴリー: ■それでもI will be…, 未分類

□読書への姿勢&本屋大賞①

先日、個人懇談をしていた際に、ある保護者の方から次のような相談を受けました。
「うちの子は本を読むのが嫌いなんですがどうしたらよいでしょう……」

実はこの相談、一人の方だけではないんです。
それどころか、ここ数年、本を読む習慣がない人というのは、子どもに限らず大人にも増えてきているように思います。
私の同年代の友人にもそういった人は多くいます。

続きを読む