畑のありんこ(546)

カテゴリー: ■農藝閑話~畑のありんこ

ヤヤマユなど繭夏休みのはじめ、三次のほうに川遊びに出かけました。
そのとき、ヤママユガの空繭をたくさん拾いました。(画像には色の似たウスタビガの繭も混じってます)
色が褪せていないものは、本当に鮮やかな緑色をしています。

ヤママユガは天蚕ともよばれる大型の蛾です。
この繭からも蚕同様、糸がとれます。
続きを読む

理科実験観察教室「-196℃の世界」「不思議な結晶の世界」

カテゴリー: ■イベントギャラリー

広島なぎさ中学校・高等学校の教室をお借りして、理科実験観察教室「-196℃の世界」(4年生対象)、「不思議な結晶の世界」(5年生対象)を開催しました。
終日、歓声や感嘆の声が広い理科室に響きました。

いきものばんざい(28)

カテゴリー: ■いきものばんざい

カタバミ【種子散布作戦 ~カタバミ~】カタバミ目カタバミ科

 植物にとってどうやって種子を広い範囲に散らせるか、というのは種の存続の大問題です。鳥やけものに運んでもらう、風にのって飛んでいく…さまざまな作戦がありますが、自力で種を遠くへ発射する、というのが最初でしょうか。カタバミは、熟した果実をさわると、はじけて種子を遠くへはじきとばします。1mくらいは飛びます。見つけたらぜひさわってみてください。種子にはエライオソームというアリの好む物質がついていることもあり、アリが運んでくれることも計算に入れているようです。さらに葉っぱは朝に開き、夜にはとじてしまいます。夜ふかしなし。健康的です(笑)。